--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.30 真冬の奇跡


真夏に奇跡があるんなら、真冬にもあるだろうと。

雑誌の「anan」の性格美人診断で「バランス型」&「心配り型」=「そつのない秘書タイプ」
と診断された僕に巻き起こる残り少ない真冬に奇跡はあるだろうか。

会社帰りに繰り返しシャッフルされるipodから200曲中の1曲がこの曲であることも奇跡か。





スポンサーサイト
2008.01.28 ポップだね
nb1300uk[1]


「NB1300UK」

僕はいつものように履かないんだけど、ポップなカラーにしたってのが心意気だね。
1300はグレーってのが1300愛好者には譲れないところみたいだけど。

何回同じもの復刻してどーすんだっ!(厳密には木型も履き心地も微妙に違う)って
僕のモヤモヤを吹き飛ばすリリース。

でも、僕が好きなのは1700。しかもオリジナルじゃなく。アップデート版。

198074436_9daa83fd78_o[1]


もしくは「adidas GORE-TEX」

adi_goretex[1]


はたまた、「NIKE AIR ZOOM HAYWARD +3」

mi071228-19-r1[1]


とまあ、あるわけです。ポップですね。

ポップといえば「google」のロゴがレゴバージョンでかなり愛らしい。

lego08[1]


50周年記念らしいよ。



2008.01.24 笑う事。
8599508[1]


久しぶりに心から笑った。底からね。
「うれしい!たのしい!だいすき!」って時間は滅多にはないからね。

大事。

ソウルメイト「cornel」さんのライブ。

ステキな歩幅の進化。心の高揚が心地いい。新バンド編成で聴く初めての音。
僕の全身のツボを全部抑えられたような、声と音とメロディー。

彼の唄を聴くと、自分がイヤになる。んー違うな。言い方が悪いな。
「見栄張ってもしょうがないじゃん!」て感じ。こみ上げる。

お金で買えないモノを持ってるヒトなんだよね。

すっかりイイ気持ちな同行者で、これまたすっかりイイ三十路男女6人物語。
笑ったなぁー。写真に残したいくらいの笑顔がそこらじゅうに溢れる空間。

こんな空間の為に生きられたらね。

2008.01.21 adidas BRANDS A TO Z
取り立てて「adidas」というブランドが好きではないんだけど、
地味にプロダクトを発信し続けて、地味に人気があって、地味にCMとか夢があって。

そんな歴史と成長をビジュアルで多数紹介した一冊がリリースされてて。

21K9fD0tWCL._SS500_[1]

adidas―BRANDS ATOZ

やはり過程には興味がありありで、確固たるブランドイメージがあって、着地点を定めてる
ブランドの一つだよね。

なんだろーね。ホントいい意味でダサいよね。←うーん、伝わらないだろーね。

ともかく、3本線好きにはたまらない1冊。



2008.01.18 ミセスマーメイド
カラオケ行ったら唄うんですよ。年齢のゾーンが広いんで。

ヤングアダルト対応。



このテイスト唄うとフミヤはすごい雰囲気でるのにね。

でも高杢はもう「世界のナベアツ」にしか見えない。
2008.01.17 視力検査
いやいや、仕事上、目を酷使するもんでケアはちゃんと気を遣ってるつもりなんですが。

実際コンタクトなんで、裸眼で視力を測ることも無く、久々に裸眼で見てみると
もう全然見えない訳ですよ。話題のレーザー治療しようかな…。

まあコレだったら、頑張って見えたかもね。

視力検査


また明日からエクササイズかな。



って、これがやけに頭ぐるぐるしちゃっただけなんだけどね。

2008.01.16 テラビシアにかける橋
誰だって、そう今でもあるかもしれないイマジネーションの世界。

小さい頃に買ってもらったプラスチックの剣は鉄だろうが、石だろうが
何でも斬ることが出来た。
僅かなお小遣いで買ったチョコレートを食べると30秒間だけ無敵になれた。
家の近くにあった長い土管をくぐると、僕らは違う世界へ行けた。

何で?なんて言葉なかなか出てこない。そんなあの頃。

terabithia[1]


「テラビシアにかける橋」

印象深いのは「チャーリーとチョコレート工場」にも出てたあのチューインガム少女がヒロインとして出演。
笑うとカワイイんだね。

心の扉を開いたら、そこは2人だけの新しい世界。

今目の前にある世界は自分が創り出した世界でもあるんだよね。
新しい世界を、違う世界を創り出すのも自分なんだ。

大人が観るとドキッとさせられるよね。
2008.01.15 今さらだけど…
今日からかなり冷え込むとの世の中の状況。

もう春物は何が入ってるかな…なんて考えたのも束の間。
アウター欲しいなー。と思っても時すでに遅し。
あわよくば的な戦利品を探そうかと四苦八苦するけど、無いものは無い。

なんで、これからでもなモノに照準をチェンジ。

nf-g-s-cc-bw01[1]


nf-g-s-cc-gc01[1]


両方ともTHE NORTH FACE PURPLE LABEL
>1968年、カリフォルニア州バークレーで創業、1969年、ダウンウェアの原型となるシェラパーカーを
発表以来、フレーム入りバックパック、ドーム型テントなどの数々のイノベーションを送り出し、
常に「今のベストであること」をスローガンに革新を続ける世界のトップアウトドアブランド。
パープルのラベルはnanamicaTHE NORTH FACEとコラボレートした限定モデル。

結構、前のシーズンからリリースされてるモデルだけど、定番化したのかな?
秋冬にリリースした日本の気候には必要ないゴム引きのマッキントッシュに
何の魅力も感じない僕をモーレツに惹きつける憎いヤツ。

コットンゴアテックス3層のハイスペックなコートは3シーズンもってこいなアイテム。

春先だとブラックウォッチがいいんだよね。


2008.01.14 BABY
周りでは、続々と二世を生み出してて、名前を覚えるのも大変。

少子化を微塵も感じさせないスピードで密度は高まってるけど

>人口は2005年から減少に転じており、25年に1億1927万人、
 35年は1億1068万人、46年には9938万人となる見通しだ。

なんだよね。だもんで出産にまつわるエトセトラにも冠婚葬祭ばりにイベント並み。

aka70[1]


「抱きごこち」
生まれたての赤ちゃんと同じ体重の米…
思わず抱きしめたくなるおくるみ型プリント米袋…

でお祝い。

残しときたいよって方はこちら

tawara-syoumenn[1]


俵型もあるとの事。

赤ちゃんの生まれたてのお顔はなかなか素直にカワイイといえない僕です。
2008.01.12 パンズ・ラビリンス
最近、もっぱら映画を観てて。

あれもこれも観てて。節操ないです。

faun[1]


今回は「パンズ・ラビリンス」

物語は1944年、スペイン戦争後のファシスト政権下のスペインが舞台となっている。主役の少女オフェーリア(Ivana Baquero)は、再婚して身重の母親と一緒にファシスト側の軍人である継父が勤務する森林基地へと車で向かう途中で昆虫の姿をした不思議な妖精に出会う。

みたいなね!

ファンタジックな夢物語かと思いきや、希望なのか絶望なのか分からない展開。
いい方向に向かってると信じたいのに、突き落とすS的展開。嫌いじゃないけどさ。

話が大きくなり過ぎず、悲しさの張り詰めた感が漂う独特な作品。



何をもって、幸せとは感じるものなのか。
2008.01.10 じゃがりこじゃがりこじゃがりこ。
2月4日。

Xデーになるよ。

20071206181616_pc[1]


発売!
2008.01.09 やっぱ薄い方が…ねぇ
気持ちがいいってもんですよ。

まどろっこしい程の敏感肌だから、厚みがあるとショゲちゃう。

そうコレコレ

xel-1[1]


有機EL(エレクトロルミネッセンス)と呼ぶ新方式のパネルを使った薄型テレビ。

11インチで20万と「STOP THE オレ」が猛烈に大合唱だけど、
薄いんだ!コレが。

xel-1-1[1]


向こうが見えそうな程の薄さだけど、場所をとらないしハイスペック。

どこまで文明はゴールなんだろね。



2008.01.05 地球最後の男
IAL-Wallpaper01_1024[1]


とりあえず観ちゃうんですよ。

「幸せのちから」でのウィル・スミスが印象深いから思わず期待も膨らむ。
こんなに登場キャストが少ない映画も凄いよね。

圧巻は荒廃したNYの街。静かな前半は吸い込まれるような絶望と微かな希望。
後半からは監督が代わったのか?と思うほどのダメダメな映画。



そりゃもうツッコミどころが多い映画だけど…。どうだろ。
ウィル・スミスに頼りすぎ!って感じかな。

サムという犬がめちゃめちゃカワイイのが一番の見所。それもどうなんだ…。

最終的に神様出されちゃぁ、ねぇ。

You Tubeではご丁寧にラストシーンとかアップされまくってるんで
これから観るのを楽しみにしてる方はクリックご注意。
2008.01.04 エレファントカシマシ
久々に耳にした宮本浩次の声。



彼を見ると、彼の歌を聴くと「ピュア」という言葉が思い浮かぶ。
破壊的な優しさが生み出す誰も立ち入れない心の中がありそうで刹那。

ただこの新曲はそんな僕をふくめ、自分を開放的にした曲に聴こえた。

過去の名曲ももう必要ないかもね。





悲しみの果てに何があるかなんて、誰も知らない。



2008.01.04 Adidas Materials of the World Series
blog_1[1]


adidasが先々シーズンより海外ラインとして展開していた。
世界各国の文化とも言える国を象徴する生地や柄を取り入れ、
adidasのスポーツテイストと融合した、ユニークな企画『MATERIALS OF THE WORLD』。

07秋冬での企画なんだけど、これ売れてないだろーなー。
流通が少なすぎるのもあって、とりあえず全部が見れてないんだけど、
コンセプトとしては結構、究極なことをやってます。

どうしてこんなにトップブランド達は種が違う超ド級のお楽しみを発信し続けられるんだろう。

adidas_motw_peru_grn_02[1]


お気に入りはコレ(ちなみにペルーらしい)。
2008.01.03 VANS
最近リリースし過ぎなんで、もーちょっと小出しでいいのにと思うけど
NIKEADIDASとは明らかに違うマーケットと割り切りが魅力。

vans-mexican-blanket-pack-1[1]


vans-chukka-lx-1[1]


中でもこのチャッカタイプは素材映えもするし、派手なテキスタイルもハマる。
例によって僕は履かないけどね。

現在、インラインや、海外独自企画ライン、日本企画ラインなど一時の別注過多には
ならず、ハイテクという道をまったく歩まずにホントスニーカーブランドだよね。

柄もの注意。
2008.01.02 21世紀のArts&Craftsを目指して
大型連休も早くも半分以上過ぎちゃって。そろそろ日常へ戻る準備しなきゃ。

んでもって、今日は新しいリンクの紹介。

年末に忘年会で久しぶりに会ったダイちゃん(6人中3人目)の建築デザイン会社。

「STAFF」へのこれまた勝手なリンクを「貼るから!」と言い放って帰ったから、
早速実行しとこうかなと。

静かに燃えてるダイちゃんは昔から脳裏でリンクする事があり、僕の一方的な見解ですが
掴ませどころがない自分をもってるオトコですね。

ゆっくり話したいモンです。

「誘ってくれないじゃん!」

お互いの決まり文句だね。

ブログはこちら→STAFF BLOG


2008.01.02 WILD HOGS
no1582-001[1]


さて、ブログの内容はひたすら変わらないのです。
大型連休の真っ只中なのです。

早速の映画は「WILD HOGS」。邦題は「団塊ボーイズ」との事。
B級映画プンプンのタイトルですが、
内容は日本と変わらないアッチの旦那たちの青春ロマン。

こちらでの公開も決まったようで、主題歌はウルフルズ!ハマッテルネ!

とにかく難アリな日常から飛び出そうぜ的なノープラン珍道中。

僕らもちょっと共感しだすいなたいリアル。



やっぱりアメリカ映画はこういうの作ると上手いよね。

バイクの事は分からないけど、バイクじゃなくてもこういう旅をしたいもんだ。




2008.01.02 2008
年賀状ブログ.ol


開幕ですね。

都合のいいリセットとして自分をリスタートさせる絶好のチャンス。
時間をまたぐだけで、こんなに気持ちを切り替えさせる古代からの境界線。
ステキな世界基準の西暦マジック。

とにかく、シェイプアップ。キャッチアンドリリース。

2008年のテーマです。頭も身体(こっちがメイン)も引き締める!

そして、初の海外に行けるよう、頑張りましょう。

これから出会う人、出会わなきゃいけない人、何人いるだろ?
楽しみで仕方ない2008年。

皆々様、何卒よろしくお願い申し上げます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。